保険料が安くなる?自分の夢を形に変える生命保険の選び方

こんにちは

 

ご機嫌いかが?

 

アデー女ミネコよ。

 

皆さんは、お金のアンチエイジングといえばどんな事をイメージするかしら?

 

身近なところで言うならば、貯金、保険・・・あとぉ・・節約?

 

貯金に関しては、毎月、コツコツ口座にお金を入れ、通帳記入さえしていたら、目に見えて預金額が増えて行くから、一番わかりやすいわよね。

 

利息は全く期待できないけどね!

 

そして、ミネコ的アンチエイジングポイント! 保険 これ、案外、見落としがちなポイントなのよ。

 

誰しも社会人になるのと同時に加入するパターンが多い 生命保険! これが結構負担になってる!って声をよく聞くのよぉ~。

 

ほとんどの人が、自分がどんな保険に加入しているのか、どんな保障内容かよくわからない!っていうのよ。

 

会社に来た、強気なオバちゃん営業マンに断りきれず加入したとか、身内や親しい知人からお願いされたとか。こんな感じだから、中には、ムダに高額な保険料を払ってる人も多いんじゃないかしら?

 

毎年、年末調整や確定申告で届出をする事で、税金の控除も受ける事ができるってことも知らない若い世代も多いみたいね。

 

生命保険は色々な種類があるし、保険料が高いから良いとも言い難いし、安いから悪い訳でもないと思うの。

 

年齢、性別、家族構成、職業など、人それぞれのライフスタイルで保障内容が違うってことを、認識しなきゃいけないわね。

 

きちんと見直す事で、お金のアンチエイジング( 保険料軽減・保障内容アップ )が見込め、尚且つ、 資産形成 にもつながるって事を覚えててね。

そこで今回は

 

・自分が加入している保険の保障内容がよくわからない方

・保険を使って効率よく資産形成したい方

・自分のライフスタイルに合った保険を探している方

・保険料の負担を軽くしたい方

・投資に興味のある方

・相続問題

・企業の節税対策

・従業員さんの保険

・保険営業マンが苦手な方

 

などなど、そんなお金に真面目に向き合う方に向けてオススメなところをご紹介するわね。

 

MDRT資格保有者専門のFP紹介サイト 保険田マイケル

みんなは、ファイナンシャルプランナー(FP)って知ってる?

 

簡単に説明するとこんな感じかしら。

 

ファイナンシャルプランナーとは、相談者の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法をファイナンシャル・プランニングといい、ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になり、これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)よ。

 

素人が資産形成や税金問題で悩むより、効率よくアドバイスしてくれるわ。餅は餅屋!ってやつ。

 

今や、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談は当たり前の時代ってことね。

 

財産を持った高齢者が多くいる時代、保険だけでなく、相続問題も今は無視できないわよね。

 

企業なら節税対策、従業員さんの保険。

 

とっても大切なことよね。

保険田マイケル

保険田マイケルは、これらの困ったを解決するお手伝いをしてくれる 金融のプロフェッショナル集団 なの。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)の中でも世界で最高基準と認められている MDRT を持ってる方が多く在籍しているの。

 

 

MDRTとFPの違い

ファイナンシャルプランナーという資格は、はじめに説明したけど、これだけでもとってもすごい資格よね。しかし、勉強して知識があれば比較的、取得しやすい資格なの。

 

それに比べ、MDRTになるには、知識に加え実績と経験が必要よ。

 

じゃあMDRTってなに?ってことで説明すると・・・

 

※1927年に発足した Million Dollar Round Table (MDRT) は、世界70の国と地域の500社以上で活躍する、49,500名以上(2016年8月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際組織です。 世界中の生命保険・金融サービス専門職の毎年トップクラスのメンバーで構成。MDRT会員は卓越した知識をもち、厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供しています。 生命保険と金融サービス業界の最高基準として、世界中で認知されている資格。

 

こんな感じ。

 

誰もが楽して取得できる訳じゃないわ。

 

MDRT会員の多くはFPの資格も保有しているから、知識と経験が豊富なFPと認識してもらえるとわかりやすいわね。

MDRTなら良い!は大間違い

かといって、MDRT会員であれば誰でもいい!って訳じゃないわよ。

 

MDRT会員はプロ中のプロだけど、それがあなたに最適な提案を保証するものじゃないの。
お客様の状況やライフプランに合う、最適な提案ができないと判断したFPは、登録をお断りしております!

 

すごくステキな企業理念だわ♡

信頼できるFPのみご紹介

保険田マイケルでは、登録しているFP一人一人面談を行い、独自の選考基準を設け信頼できるFPのみの登録に限定しているの。

 

MDRT会員だからといって基準をみたさなければ登録はできないわ。

 

逆に、MDRT会員でなくても、選考基準を満たしたFPであれば紹介させて頂くことも可能よ。

保険の種類

世界67カ国TOP6%の FPをご紹介『保険田マイケル』

そもそも、保険と一口に言ってもいろんな種類があって、どのくらい理解してる?

 

ざっとあげてみるとね

 

死亡保険医療保険介護保険死亡保障付き生存保険

 

それをまた更に詳しくみると

 

  •  1. 死亡保険 
    • 1-1. 定期死亡保険(定期保険) 一定期間の死亡保障。掛け捨てタイプが多く保険料が安い。
    • 1-2. 終身死亡保険(終身保険) 加入から亡くなるまで保障。保険料は割高傾向にあるが、解約返戻金や払込満了の年齢を決めていれば、保険料の払い込みが終わっても保障は一生続く。
    • 1-3. 定期保険特約付終身死亡保険(定期付き終身)上記2つを合わせたもの。終身の土台に定期を重ね、死亡保障を手厚くし、尚且つ、保険料負担を軽減させるもの。主に更新タイプが多い。
    • 1-4. 収入保障保険 働けなくなった時の収入を保障してくれる。

 

  •  2. 医療保険・疾病保険 
    • 2-1. 定期医療保険 一定期間の医療保障。
    • 2-2. 終身医療保険 加入から亡くなるまでの医療保障。
    • 2-3. ガン保険   ガンのみの特化した医療保障。
    • 2-4. 所得補償保険・就業不能保険 働けなくなった時の収入を保障してくれる。

 

  •  3. 介護保険  介護状態になった時。(公的保険とは別)

 

  •  4. 死亡保障付きの生存保険 
    • 4-1. 学資保険・こども保険 契約者が両親の場合がほとんどで、子供の進学の為に備える。契約者の死亡保障、被保険者である子供の医療保険もプラスできる。
    • 4-2. 個人年金保険 公的年金とは別に設定した金額を積立、利息をプラスした金額を指定した受給年齢から一定期間必ず、受け取ることができ受給中に死亡した場合は残りを遺族が受け取る事ができる。
    • 4-3. 養老保険 満期時に設定金額が受け取れる。払込期間中に死亡した場合は、満期金が死亡保障となる。

 

こんな感じかしら。

 

これは、一部と言っていいわね。

 

他にも細かな部分がたくさんあるし、保険の日々進化してるから、素晴らしい特約があるのよ。よく見てなくて保障の対象なのに保険金を請求しなかったり、逆に、保障の対象にならなかったりして不愉快な思いはしたくないわよね。

 

幅広いニーズに対応



保険と言っても人それぞれ違いがあるわ。

 

今、あなたにとって、何が必要なのかを一緒になって考えてくれるわ。

 

例えば、30歳男性でも、独身か既婚かで保障の内容は全然、違ってくるわ。

 

独身で死亡保障だけ手厚くしても意味ないでしょ?逆に、既婚者なら家族構成なんかを考えると、相応の高額死亡保障も必要になってくるわよねぇ。

 

そして、契約年月日でも変わってくるわね。

 

若い頃に加入して、健康だからそのままにしてる!なんて絶対ダメよ!

 

だって、その保険の保障内容じゃ、実際の病気やケガの時に、役に立たない場合も多々あったりするのよ。

 

そんな保険に毎月、数万円、数千円の保険料を支払っているとしたらどうする?イヤじゃない?

 

保険田マイケルこだわりポイント

保険料を安くしたい

90%以上の方は保険料を安くできるらしいわよ♡

 

不要な保証を無くし、必要な保証を手厚くした上で、さらに保険料もお安くすることを目指してるんだって。

 

高いなと思ったら、見直し時です。

保証を手厚くしたい

90%以上の方は、保証を手厚くすることが可能よ。

 

今と同じ保険料で保証内容を手厚くしたい!という要望はとっても多いの。

満足度90%以上

保険田マイケルを利用した人の90%以上の方が、相談内容に『満足』『やや満足』と回答してるの。

 

加入しなくても『今後必要なお金と、準備の方法が解る』メリットがあるわ。

 

それを知る事ができるだけでも、相談する価値はあるわよね。

 

 

保険田マイケルを利用した ☆お客様の声☆

会社員|内田けんとさん(仮名)

夫婦ともども、保険は独身の時に加入したままになっていました。結婚して1年ほど経ち、子供が生まれたことをキッカケに、保険の見直しを行いました。
3年前に加入した保険なのでそれほど変わらないと考えていましたが、今までと同じ保険金で今まで以上の保証を手に入れることができるようになりました。
特に、保険料を変えずに子供が小さい間は『手厚い保証を得られる』ことに1番満足しました。
契約後は『お金の相談役』となってくださり、ここまで手厚いアフターフォローは今までありませんでした。

医師|藤沢よしひろさん(仮名)

勤務医の私達は退職金がありません。
「いっぱいお金もらってるでしょ」など言われますが、税金もたくさん払っており、ほとんどの医者は退職金が出ません。将来が不安です。もちろん開業医も同じです。
税金を節税しながら、退職金(将来の貯蓄)も用意する保険をご提案いただき、お金の心配が減りました。
また、2年後にクリニックを開業するのですが、資金面でFPの方に相談できるのは大きなメリットだと感じます。

株式会社マイケル 代表 河合涼太さん(仮名)

会社の節税を考えている時に知人に紹介され、ピッタリのサービスだと感じました。
会社にくる保険の営業マンは、「全てお任せにできない」「担当がコロコロ変わる」など正直面倒でした。
マイケルのFPは『節税』『保証』『お金の専門家が相談役に』という、3つのメリットを本当に感じます。
保険が、キャッシュフローの運用にどう活用できるか?ここまで丁寧に支援して下さったのは初めてでした。
法人の場合はキャッシュフローの運用でやりとりが多いですが、マイケルのFPさんは非常に迅速かつ確実な対応をしてくださって助かっています。

まとめ

保険や税金はとっても複雑でわかりにくいもの。

 

だからこそ信頼できる所に相談して、賢く、お得なお金のアンチエイジングする事をオススメするわ。

 

私自身、住宅ローンや、個人年金なんかの分かりづらいところを相談して、とっても助かったのよ♡

 

見えない部分のムダをはぶいて、キッチリ!スッキリ!させて、資産を守り、増やしつつ、ステキなアデー女になりましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA