いまさら聞けない!不祝儀袋の書き方と香典の金額①

 

こんにちは

葬儀のマナー アシスタント影山蝶子です。

 

大人になるにつれ、結婚式や葬儀告別式に参列する機会が増えてきますよね。

結婚式は前もって準備ができますが、葬儀告別式は前もっての準備が難しい行事。

そんな時、突然の訃報!

お給料前でお財布がピンチ!

銀行もコンビニも近くにない!

香典はいくら包めばいいのだろう?

表書きはなんて書くの?

そんな経験ありませんか?

そこで今回は、宗教により違う不祝儀袋の表書きや、立場やお付き合いにより変わってくる香典金額についてを2回にわたりお伝えしていこうと思います。

 

香典とは

香典とは、現金をお線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもので、不祝儀用の、のし袋に包んだもの言います。

訃報の知らせを受けたら、通夜または葬儀のいずれかに香典を持参します。

 

宗派によって異なる不祝儀袋の表書き

不祝儀袋の表書きは 御霊前 が一般的。

使用する香典袋は宗教・宗派によって異なりますが、 御霊前 は多くの宗教に使えるので、宗教がわからない場合は 御霊前 を使用するケースが多いようです。

仏式とわかっていれば、御香典、御香料、御仏前はすべての仏教宗派で使えます。

葬儀に参列するまで宗派がわからないことも多々ありまので、間違えてしまってもマナー違反にはならないので、 よほど違ったものでなければ心配しなくても大丈夫ですよ。 

 

仏式の宗派、神式別「香典の表書き」

「御霊前(ごれいぜん)」

・ほとんどの仏教宗派で使用可
・通夜/葬儀/告別式
※ただし厳密には、浄土真宗では「御仏前」を使う

「御香典(ごこうでん)」「御香料(ごこうりょう)」

・すべての仏教宗派で使用可
・通夜/葬儀/告別式/法要

「御仏前」

・すべての仏教宗派で使用可
・通夜/葬儀/告別式/法要

「御玉串料(おんたまぐしりょう)」「御榊料(おんさかきりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御神前料(ごしんせんりょう)」「御霊前(ごれいぜん)」

・神式
・通夜/葬儀/法要などすべて共通

「お花料(おはなりょう)」

・キリスト教/無宗教
・通夜/葬儀/法要などすべて共通

 

「表書き」と「内袋」の書き方

不祝儀袋の中には、内袋のあるものとないものがあります。

表書きだけでなく、内袋の書き方とうち袋がない場合の書き方をお伝えいたします。

表書き

水引きの中に表書きを、下に表書きよりも少し小さめに名前をフルネームで記入します。

市販の不祝儀袋にはあらかじめ表書きの記入されたものや、短冊のようなものに、数種類の表書きがされたものがある場合がありますので、自身のフルネームだけを記入すれば良いことも多々あります。

内袋

表に「金○○円」と香典の額を記入します。

裏面などに金額を記入する欄がある場合は表側に書かなくてOK。

裏面に名前と住所を記入します。

毛筆や筆ペンで書くのが苦手であれば香典袋、内袋共に硬筆でも構いません。はっきりと読みやすい字で書くことが大切です。

「内袋」がないときは…?

購入した香典袋に内袋がついていなかった場合は、袋の裏側に住所・氏名・香典の金額を記しましょう。

また、不祝儀袋に文字を書く場合、薄墨(うすずみ)を使うのが望ましいとされていますが薄墨が用意できなければ普通の黒い墨、黒いペンを使用しても問題ありません。

しかし、100円ショップやAmazonなどに薄墨ペンの取り扱いがありますので、一本用意しておくと便利だと思います。

どなたから・いくらの香典なのかがわかる書き方

遺族は後に香典返しや喪中のハガキを送るため、故人と、どのような関係の人から、いくらの香典をいただいたのかを把握する必要があります。

そのため、参列者側が徹底しておきたいのは、細かなマナーよりも、香典袋にはっきりと記載された、住所(郵便番号)・氏名・香典の金額なのです。

金額の表記は漢数字でもOK

香典の金額は“壱、参、伍”など旧字体で書くことが正しいとされていますが、漢数字でも構いません。

金額欄のある内袋であれば[5,000円]のように数字で記入してもOKです。

 

香典袋にお札を入れる時の注意点と包み方・入れ方

お札を準備するときの注意点

昔は、香典に包むお金に新札を使うのはマナー違反と言われていましたが、現在、仏事での香典は、仏事の変化と多様化、ATMなど金融機関の発達に伴い、新札をNGとはしてはいません。

ただし、破れていたりセロテープで補修されているような傷みの激しいお札は、お別れの場にふさわしくないので使うのは避けましょうね。

香典にありがち!お札の入れ忘れに注意

香典で意外と多いのが、お札の入れ忘れ。

あとから遺族側が気づいた場合でも、参列してくれた方に対して「香典が入っていなかったです」とはなかなか言い出せないものです。

必ず中身を確認してから持参しましょう。

余談ではありますが、私自身、親の葬儀の時に同じ経験をし、相手に伝えることもできず、香典返しなどをお渡しするのに、難しくとても複雑な気持ちになりました。

中袋に入れるお札の向き

不祝儀袋には、中に内袋が入っています。(ない場合もあります。)まずは、その内袋に、お札を入れるのですが、お金を入れる時のお札の向きについて諸説あります。

どちら向きだったとしてもさほど失礼にはあたらないと思います。 

※地域での、しきたりがある場合は、そちらを優先させてください。

2枚以上になるときには同じ向きになるようにするようにして下さい。

 

お悔み(葬式、法事など)の場合の上包みの包み方

お悔やみの場合の上包みの包み方をわかりやすく描いてみました。

 

※お悔やみの場合の上包みを後ろから見た図

 

中包みを紙の中央に置き、左、右の順にかぶせたあと、最後に上側を下側にかぶせる。

Aは重なり方をわかりやすくしたイメージ図です。

上記のように、不祝儀袋の場合、 上側を下側にかぶせる包み方 となります。

これが逆になってしまうと、お祝い事の包み方になってしまいますので間違わないように、気をつけて下さいね。

次は、香典の金額についてお伝えしておりますので、こちらも合わせてお読み下さい。

いまさら聞けない!不祝儀袋の書き方と香典の金額②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA