お通夜は普段着でOK?お通夜での正しい服装の選び方

こんにちは。

葬儀のマナー.com アシスタントの影山蝶子です。

お葬式の服装といえば喪服です。

お通夜にも告別式にも着ていくことが一般的です。

しかし、喪服をまだ持っていないという人も、特に若い人では少なくありません。

また、喪服を持っているものの、突然の訃報で家に帰る時間がなく、出先から直行しなければならないということも起こりうるシチュエーションですよね。

 そこで今回は、お通夜での正しい服装についてお話ししていきましょう。 

 

通夜とは?

まず、通夜とは、一体どういうものなのでしょうか?

通夜とは、簡単に言うと、故人の遺族や親しかった人たちが葬儀の前夜に一晩中故人に付き添い、故人に邪霊が侵入しないようにと故人を見守る儀式です。

 現在では、参列者を迎えて約1時間程度で終わる儀式、半通夜のことを通夜と言い、告別式や葬儀に出席できない人のための別れの儀式というような認識が強くなっていますね。 

通夜は普段着でもいいの?

現在の通夜では、参列者を迎えて故人との別れを惜しむ儀式が行われますが、そんな通夜に、どのような服装で参列すれば良いのでしょうか?

現在の通夜にも「取り急ぎ駆けつける」と、いう意味は残っていますが、通夜は、故人が亡くなってからある程度の時間が経ってから行われたり、翌日に通夜が行われることが多く、通夜の意味も時代と共に変化してきています。

 そんな状況も含め、通夜の場合は、故人の親戚やごく親しい人が通夜に駆け付ける場合に限り、地味な服装であれば私服でも問題はありません。 

 本来の通夜の服装のマナーは喪服着用とされており、ほとんどの参列者が喪服を着用して通夜に参列されるのですが、着替える時間がなかったり、親戚や故人と親しかった友人・知人などが故人のために取り急ぎ駆けつけたと言うこともありますし、現在は、働く女性も増え、訃報を受けてもすぐに対応できない場合もあるからです。

通夜と仮通夜の違い

故人が亡くなった直後に行われる仏事を仮通夜と言います。

先ほどお伝えした通り、葬儀の形も多様化し、最近は、通夜のみを執り行うことが増えています。

 この仮通夜には、喪服を着用してはいけないとされています。 

 

喪服を着用していくのは、亡くなった故人の不幸を予期して喪服を用意していたようで、失礼にあたるとされているからです。

通夜でのメイクや髪型

画像引用:https://ami-diary.net/osousiki-kamigata-6222

最近のメイクといえば、しっかりとしたアイメイクや真っ赤な口紅が主流となり、華やかでとても美しい女性が増えています。

男性もとてもおしゃれな方が多いですよね。

 しかし、お通夜では、髪型やメイクは控えめにすることがマナーです。 

 

  • メイクは派手にせず薄めにする。
  • 髪型は肩につかない程度の髪であればおろしていても構いませんが、肩につく髪であれば髪を結ぶようにする。ツインテールや、高い位置で結ぶポニーテール、パーマヘアも不向きなのでまとめる方がいいでしょう。
  • 香りの強い香水や、香りの強いデオドラントスプレーは避けましょう。

 

ヘアスタイルに関して判断しづらい時は、髪を結べることができる長さなら結んだ方が無難です。

男性など、体の匂いが気になる場合は、香りのきつくないもの、または無香料のデオドラントスプレーを選びましょう。

アクセサリーなどの装飾品や持ち物

仕事などで忙しく出先から取り急ぎ駆けつけた場合など、忘れがちになるのが、アクセサリーやバッグ、ネイルなどです。

 基本的に光モノは全てNGだと思ってください。 

 

男女共に、通夜の時に共通するアクセサリーなどについての注意点は以下の通りです。

 

身につけて良いアクセサリーや持ち物

  • 結婚指輪
  • パール系の指輪やネックレス、色は白でも黒でも着用可能です。
  • 女性の場合、黒を基調とした髪飾り、リボンなど。
  • 黒いバック。ラメやスパンコールなどの飾りがないシンプルなもの。

 

避けておきたいアクセサリーや持ち物

  • 2連のパールネックレスや派手な装飾の髪飾り。
  • 地爪がわからないような、付け爪やジェルネイル。
  • 金の腕時計や派手な装飾の腕時計。
  • 派手なバックルのベルト。
  • ヘビ皮や毛皮を使ったもの。

 

 ネックレスは2連になっていない、1連のシンプルなパールのネックレスを着用しましょう。 

 

2連のネックレスは不幸が重なるという意味があり着用すると失礼にあたりますので、着用しないように覚えておきましょう。

以上の事を考慮し準備しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

取り急ぎ駆けつけると言っても葬儀には最低限度のマナーが存在します。

全てが完璧にできないかもしれませんが、参考にしていただけたら幸いです。

まずは故人を敬う気持ちが一番大切だと思いますので、極端に華美にならない様、心掛けてあなた自身も落ち着いて、お通夜に参列されて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA